お肌の老化の原因は、ほとんどが光老化によるものだった

お肌の老化の原因は、ほとんどが光老化によるものだった

お肌の老化は、歳のせいだと諦めていませんか?

 

実はお肌の老化の原因はおよそ8割方が紫外線によるものなのです。
残りの2割は、食生活の乱れや生活習慣、ストレスやホルモンバランスの乱れなどだと言われています。

 

地上に降り注ぐ紫外線は主にUV-AとUV-Bです。

 

この二つの紫外線の違いは波長にあります。
UV-Bに比べUV-Aは波長が長く、お肌の深部まで入り込みます。

 

また、UV-Bはガラスを通さないのに対して、UV-Aはガラスをも通過して、私たちのお肌へと届きます。

 

お肌の深部まで届いたUV-Aは、皮膚内部にあるエラスチンやコラーゲンを破壊します。
特にエラスチンは紫外線に弱く、数分浴びるだけでどんどん壊れていく成分です。

 

エラスチンが壊されると、コラーゲンの結びつきがほどけて、お肌深部で溝が出来始めます。
深部に溝ができれば、当然皮膚表面を支えることができなくなり、皮膚表面にも窪みが出来てしまいます。

 

これがシワの原因なのです。

 

シワの主な原因は、やはり紫外線であるという事がおわかりいただけますよね。

 

人間の皮膚は、紫外線を浴びない場所ではほとんどシワができないのです。
例えばお尻の皮膚を見てみて下さい。
顔同様のシワができるかというと、そうではありませんよね。
やはりシワの目立つ場所と言ったら、一年中紫外線を浴びている場所、顔や首、手の甲です。

 

しかも先程書いた通り、このシワを作る原因となるUV-Aはガラスを通すわけですから、
家の中にいてもシワができてしまうということなのです。

 

このUV-Aによる肌の老化を、光老化と呼びます。

 

是非紫外線の強い時期には、外出時だけでなく屋内にいる時でも紫外線対策をして、光老化からお肌を守りたいものですね。