何気ない習慣がシミにつながる!〜お風呂編

何気ない習慣がシミにつながる!〜お風呂編

「美人はお風呂で作られる」と言われるくらい、美容にとって欠かせないバスタイム。

 

しかし、お風呂での何気ない習慣が肌を傷め、シミにつながることがあると言います。

 

何気なくやってしまいがちなNG習慣を3つご紹介します。

 

まず、「湯船に張ったお湯で洗顔する」ということです。

 

湯船のお湯の温度は、好みにもよりますが、大体38〜42℃程度だと思います。
夏は38〜39℃程度でも心地よく入れますが、
冬はかなりぬるく感じるので、40℃以上にしている方も多いと思います。

 

一方、洗顔に適したお湯の温度は35〜36℃程度と言われています。

 

これは、温かさをあまり感じないくらい、かなりぬるい温度です。

 

冷たすぎても汚れが落ちませんが、熱すぎても、肌に必要な皮脂まで落として、肌の乾燥を招いてしまいます。

 

湯船に張ったお湯で洗顔してしまうと、熱すぎて乾燥を招くことがあります。

 

湯船のお湯を使う際には、少し水を足すとちょうどいいかと思います。

 

次に、「シャワーを直接顔に当てて洗う」ということです。

 

これは、シャワー派に多い習慣かと思います。
何がまずいかと言うと、上に挙げた通り、お湯の温度が熱すぎてしまうことが多いということもあります。

 

しかしそれだけでなく、シャワーの水圧も問題です。

 

シャワーは、細かい穴から水を出すので、かなり水圧が強いです。
それを顔に直接当てることは、肌にとって意外と刺激になります。

 

いくら肌をこすらないように丁寧に洗っていても、シャワーの水圧を顔に当てていては元も子もありません。

 

肌への刺激は炎症の原因となり、それが過剰なメラニンを作らせてシミにつながる危険もあります。

 

湯桶にくんでから洗うなどの方法を心がけたいところです。

 

最後に、「お風呂に入ったらまず洗顔する」ということです。

 

これは何がまずいかと言うと、最初に洗顔してしまうと、その後に髪を洗うことになるということです。

 

シャンプーやコンディショナーを洗い流すときに、どうしても顔にかかってしまうことがあります。

 

これが顔の肌に残ってしまうと、肌トラブルの原因になることがあるんです。

 

同様のことは体にも言えます。
実際に、背中ニキビに悩む方の中には、体を洗った後にシャンプーしている方が多かったという話もあります。

 

シャンプーやコンディショナーが背中に残ることが、ニキビなどのトラブルにつながるということですね。

 

理想的な順番は、最初にシャンプー、次に洗顔、最後に体という順番です。

 

乾いた肌に使うクリームタイプのクレンジング剤などを使っている方は、
お風呂に入って最初にクレンジングを行うかと思いますが、
その場合も、洗顔はシャンプー後にするのがおすすめです。

 

以上が、お風呂で気をつけたいNG習慣です。

 

正しいバスタイムの過ごし方で美肌を目指しましょう。