紫外線(UV)とはいったいどんなもの?正しいUVケア商品の選び方

紫外線(UV)とはいったいどんなもの?正しいUVケア商品の選び方

一昔前まで、小麦色に焼けたお肌は健康的で元気があって良いというイメージがありましたが、
近年紫外線の浴び過ぎはシミやシワと言ったお肌のトラブルだけでなく、
健康を脅かす原因にもなるという事がわかり、小さいうちから紫外線対策が必要となって来ています。

 

紫外線は三種に分けられますが、このうちの一つUV-Cは波長が短いため、地上にまでは届かないと言われています。

 

主に私たちが気を付けなければいけないのは、UV-A(シワを作る紫外線)と、UV-B(シミを作る紫外線)です。

 

これら紫外線からお肌を守るために有効的なのが、日焼け止めです。

 

今や一般的になった日焼け止め商品ですが、実はこの日焼け止め商品も、
選び方、使い方を間違ってしまうと、日焼けを防ぐことができないどころか、お肌を逆に荒らしてしまうことになります。

 

では正しい選び方、使い方はどうすればいいのでしょうか。

 

まずは選び方ですが、日焼け止め商品を選ぶ際に皆さんが参考にされているSPFの値、これに気を付けましょう。
SPFとはUV-Bによって、肌が赤くなるのを何分間防ぐことが出来るかを表しています。
SPFの数値が高い商品ほど、長い時間日焼けを防ぐことができるのですが、
気を付けなければいけないのは、この数値が高ければ高いほど、日焼け止めの成分が多く配合されているというところです。

 

日焼け止め成分は、決してお肌に安全なものとは言い切れません。
人によっては、日焼け止め成分のせいで肌荒れを起こす人も多くいます。

 

ですから、日常生活(外出が2〜3時間程度)であれば、SPF20程度で十分です。
大切なのは、細目に塗り直すことです。

 

一度ご自身の日焼け止めを見直してみて、正しく使用し美白肌を目指したいものですね。