敏感肌の人が気を付けなければいけない洗顔方法

敏感肌の人が気を付けなければいけない洗顔方法

敏感肌の人は、洗顔方法に悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

特に乾燥を起こしている敏感肌の人は、洗顔するとさらに乾燥するから困るというお悩みを抱えている人も多いです。

 

そこで、敏感肌の人にオススメの洗顔剤の選び方や洗顔方法をご紹介します。

 

まず敏感肌の人は、少しの刺激に対しても肌が反応しやすいので、
特に使用をオススメできないのが、拭き取りタイプのクレンジングや洗顔シートです。

 

これらは拭き取る=肌を擦るということです。
肌を擦れば当然肌表面にとっては刺激になり、負担がかかります。

 

また、拭き取りタイプのものは、毛穴に汚れが残りやすいです。
この残った汚れはさらに敏感肌を悪化させる原因となります。

 

それから、オイルクレンジングなどもあまりオススメできません。
オイルも毛穴に残りやすい成分で、残ったオイル成分が毛穴で酸化することにより、くすみや毛穴の黒ずみの原因にもなります。

 

次いでオススメできないのが、界面活性剤の多い洗顔料です。
界面活性剤はほとんどの洗顔料に配合されていますので、ちょっと難しいのですが・・・。
界面活性剤は、肌のバリア機能を破壊する可能性がある成分ですので、さらに敏感肌を悪化させかねません。

 

ではどんな洗顔料がいいのかと言うと、敏感肌の人には洗顔石鹸がオススメです。

 

洗顔石鹸には界面活性剤が含まれていないものもありますし、
また植物由来成分の界面活性剤を使用している安全性の高い物も多いです。

 

しっかりとキメ細かい泡でお肌を包み込むように洗顔するようにしましょう。

 

メイクをしている人も、薄いメイクでしたら、石鹸で十分落とす事ができますし、
メイク落ちが気になるのであれば二度洗いすれば、ほぼ落とすことができます。

 

洗顔に気を付けて敏感肌でもスッピン美人目指しましょう。