間違った基礎化粧品選びは敏感肌を促進させる?

間違った基礎化粧品選びは敏感肌を促進させる?

敏感肌の人の中には、乾燥肌を悩まれている人が多くいます。

 

これは、肌のバリア機能が低下することにより、肌内部の水分が保持できなくなっていることが原因です。

 

逆に、乾燥肌ではなく脂性肌で悩まれる人もいますが、これも実は敏感肌の一種です。
敏感肌の人では、水分と脂分のバランスが崩れやすく、過剰に脂分を分泌してしまう人も多くいます。

 

これにより、ニキビができやすかったり、毛穴の黒ずみに悩まされたりというトラブルが発生します。

 

こうした敏感肌のトラブルでお悩みの方は、スキンケア方法を間違えてしまうと、
さらにこの状況が悪化してしまうので注意が必要です。

 

乾燥肌の方がやりがちなスキンケア方法として、乾燥を防ごうと油分の多い化粧品を使用する方法。

 

これは、皮脂の代わりに油分を補おうと考えての事かもしれませんが、実際にはあまりオススメできません。
なぜなら、油分の多い化粧品は自らの皮脂を分泌させる力を衰えさせてしまうからです。

 

そして脂性肌の人は、油分を嫌いなるべく油分の少ない化粧品を選ぶ人が多いと思いますが、実はこれもあまりオススメできません。

 

油分が少なすぎると、水分をしっかり保持することが出来ずに、油分と水分のバランスをさらに悪くしてしまう事があるからです。

 

どちらの肌質の人でも、一番に考えるべきことは「保湿」です。

 

乾燥肌の人はバリア機能を向上させるための保湿成分補い、
最後にその水分が蒸発するのを防ぐために、うっすらクリームを塗る方法を。

 

脂性肌の人も同様に、与えた水分が蒸発してしまわないように、必ず油分のあるクリームを使う方法が望ましいです。

 

乾燥肌の人も脂性肌の人も、配合成分の違いだけで、基本的には同じスキンケアが必要だということです。