シミを作らせないための、生理前後の正しいスキンケア法

シミを作らせないための、生理前後の正しいスキンケア法

女性の肌とは切っても切れない関係の、生理周期。

 

「生理前になると肌が荒れる」というのは誰もが一度は感じたことがあると思いますが、
「生理前だから仕方ない」とあきらめていませんか?

 

生理前に肌が荒れるのは、その時期に肌が敏感に傾くからなのです。
普段は敏感肌とは無縁という方でも、生理前だけは敏感肌になってしまうという方は意外と多いです。
肌が敏感になってしまっているのに、いつものスキンケアを続けていては、肌が荒れてしまうのは当たり前です。

 

そこでおすすめしたいのが、生理前だけ敏感肌用化粧品を使うという方法です。

 

生理前に限らず、春先など、肌が敏感に傾きやすい時期というのは誰にでもあります。
そういった時のために、敏感肌用化粧品を一つ持っておくと安心です。
肌の常備薬のような存在と言えるでしょうか。

 

敏感肌用化粧品というと、「肌には優しいけど、効果が薄い」というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、
最近の敏感肌用化粧品はそんなことはありません。

 

「敏感肌に使えるくらい刺激が少ない」だけでなく、「敏感肌を美肌に導く」という面も強い、頼もしい作りになっています。

 

種類もぐんと増えており、例えば、「ディセンシア」の「サエル」のように、敏感肌用の美白ラインというようなものまであったりします。

 

これは、普段美白化粧品を使っている方にも嬉しいですね。
肌が敏感に傾きやすい生理前には、このような化粧品を使ってケアするのがおすすめです。

 

一方で、気をつけるべき時期は生理前だけではありません。

 

実は、シミができやすいのは生理後のタイミングだと言われています。

 

妊娠に備えて体の防御機能が高まってメラニンの生成が活発になる時期があるのですが、これが生理後のタイミングだと言います。
また、同じ理由で妊娠中もメラニン生成が活発になってシミができやすいので注意しましょう。

 

こういった時期には、いつもよりも紫外線ケアに力を入れたいところです。
また、メラニンの排出を促すために、肌の代謝を高めるケアも行いましょう。

 

具体的には、ピーリングやスクラブを使って、余分な角質を取り除いてあげるのがおすすめです。

 

肌をこすりすぎると炎症を起こして、それがまたシミにつながってしまいますので、マイルドな使用感のものを選ぶのがおすすめです。

 

生理前と生理後、それぞれに適したスキンケアで、シミのない肌を目指したいですね。