メークの落としすぎがシミにつながる!

メークの落としすぎがシミにつながる!

クレンジングでメークをきちんと落とすことは、スキンケアの基本中の基本。

 

美容に気を使っている方なら、そう覚えている方も多いと思います。
メークを落とさずに寝てしまった次の日の肌がひどい状態になってしまうことからも分かるように、美肌作りにクレンジングはかかせません。
しかし、最近では、しっかりメークを落とそうと真面目にクレンジングを行うあまり、
それがかえってシミの原因になってしまうケースが少なくないと言います。

 

クレンジングがシミの原因になってしまうとは、いったいどういうことなのでしょうか?

 

その原因と、シミを作らせないクレンジングのポイントを見てみたいと思います。

 

「しっかり落とさなきゃ」が摩擦につながる!

まず原因は、ずばり摩擦です。
摩擦によって肌に炎症が起きると、肌内のメラニン生成が活発になってしまい、シミにつながるというわけです。
この摩擦、自分で思っている以上に、少しのことで起きてしまいます。

 

「ゴシゴシ洗わない」と頭では分かっていても、「メークをきちんと落とさなきゃ」と思い、
知らずしらずのうちに肌をこすってしまっている人が多いと言います。

 

特に最近は、汗や皮脂に強い、崩れにくいメークアイテムが増えたので、
余計に落ちにくくなり、クレンジングの際に摩擦が起きる原因になっていると言います。

 

特に落ちにくいのは、アイメークです。

 

通常のクレンジング剤で一気に落とそうとすると目回りをこすってしまい、シミの原因になります。
しかも、目回りの皮膚はとても薄いので、シミだけでなくシワにつながることもあります。

 

落ちにくいアイメークアイテムを使った時は、ポイントメークアップリムーバーを使うのがおすすめです。
また、クレンジング剤でマッサージをしているという人も、注意が必要です。
マッサージは確かに肌の血行を良くして美肌に導いてくれるのですが、
マッサージ用の化粧品を使わないと、肌に摩擦を起こしてしまいます。

 

また、クレンジングは本来、汚れを落とすものですから、
それを肌にいつまでもなじませていると、汚れを取りすぎて乾燥の原因にもなります。

 

「マッサージができる」と謳われているもの以外のクレンジング剤でマッサージをするのはやめましょう。

 

クレンジング剤をなじませるタイミングに注意!

次に、シミを作らせないクレンジング法についてご紹介します。

 

肌をこすらないように優しくなじませることは大前提ですが、このなじませるタイミングを間違っている人が多いようです。

 

オイルクレンジングもミルククレンジングも、基本的に乳化というプロセスを行います。

 

これは、クレンジング剤と水が混ざることですが、この乳化によってメーク汚れが落ちます。
つまり、「クレンジング剤を肌にしっかりなじませて、お湯でさっと流す」という方法では、汚れはあまり落ちません。

 

正解は、「クレンジング剤を肌にさっとのせて、お湯を含ませてからしっかりなじませる」というやり方です。

 

お湯を含ませないうちにいくらなじませても汚れを肌に広げるだけですし、
さらには「しっかり洗っているのに汚れが落ちない」と、余計に肌をこする原因にもなってしまいます。

 

これはクレンジングの落とし穴とも言えます。
正しいクレンジングで美肌を目指しましょう!